インフォメーション

ニュース・情報

こどもスポーツ記者の取材を受けました(動画公開)(2017.6.15)

東京都教育委員会ホームページ内の「東京都オリンピック・パラリンピック教育」コーナーにおいて、当センターをこどもスポーツ記者が取材した動画が公開されています。
以下のアドレスよりご覧になれますので、ぜひアクセスしてみてください。

Let's try! こどもスポーツ記者「パラリンピック選手を支える義肢装具士」
https://www.o.p.edu.metro.tokyo.jp/sports-support/child-sports-reporter01

上智大学・ソフィア会主催のイベントに参加しました(2017.6.15)

5月28日(日)に東京都千代田区の上智大学四谷キャンパス内で開催された「All Sophians Festival」に参加しました。
同イベントは東京2020組織委員会に参画応援プログラムとして認可されています。
当センターは、義足の体験及び展示を、当センターの臼井義肢装具研究室長が主宰するヘルスエンジェルスはファッションショー及びトークショーを通じて、多数の来場者の方に、事業や活動内容をPRさせて頂きました。

カンボジアの義肢装具士養成学校の学生が訪問・見学されました(2017.5.24)

5月11日(木)、UAゼンセン教育・社会運動局の案内で、カンボジア義肢装具士養成学校の学生2名と通訳1名を含む総勢7名の方が当センターを訪問、見学されました。初めに当センターの概要を動画を交えて説明してから、リハビリテーション室や製作工場、試走コースのある屋上を見学され、最後に意見交換会を行いました。
当センター職員の話は、クメール語に訳されて伝わり、当センターのことをカンボジアの方に知って頂く、大変良い機会となりました。

第51回吉川英治文化賞において臼井二美男義肢装具士が受賞しました(2017.5.24)

吉川英治文化賞とは、公益財団法人 吉川英治国民文化振興会が主催し、講談社が後援する文化賞です。受賞対象は日本の文化活動に著しく貢献した人物並びにグループで、今回当センターの臼井二美男義肢装具士が「スポーツ用義足の第一人者として障害者に「走る喜び」を提供する」ことを理由に受賞しました。
なお、受賞式は4月11日(火)に帝国ホテルで開催されました。
参考URL(http://www.kodansha.co.jp/about/nextgeneration/award/25036.html

TEAM BEYOND PLAY FIELDに参加協力しました(2017.5.24)

3/24(金)~25(土)に東京・赤坂サカスで開催された「TEAM BEYOND PLAY FIELD」において、当センターは体験用義足コーナー担当として参加しました。2日間で国内各地や海外からの旅行者など、多くの方々に体験して頂きました。

東京都特別区第三ブロックワーカー会の方が訪問・見学されました(2017.2.23)

2月10日(金)東京都特別区第三ブロック(世田谷区・渋谷区・目黒区・品川区・大田区)の福祉事務所に勤めるケースワーカーの方など16名の方が、現場視察勉強会の一環として当センターを訪問・見学されました。

小学校で出張授業を行いました(2017.2.23)

2月7日(火)第二峡田小学校の5年生を対象に出張授業を行いました。昨年度に続き2回目の出張授業をさせていただきました。前回は子供用の体験義足が無かった為、実際に義足体験ができませんでしたが、今回は体験用義足を製作してあった事から多くの児童に義足の体験をしてもらえました。
荒川区立第二峡田小学校のみなさま、ありがとうございました。

特別区議会議長会の方が訪問・見学されました(2017.2.23)

2月6日(月)特別区議会議長会の方総勢15名の訪問を受けました。
見学では桑山義肢装具士より義肢装具の製作工程、仁科ソーシャルワーカーよりリハビリについて、会議室では臼井研究室長より障がい者スポーツ並びにリオパラリンピックについて説明をいたしました。

イベントに協力しています(2017.2.23)

日時:2月7日(火)~2月26日(日)8時~23時まで
場所:みなとパーク芝浦
パラスポーツ写真展(東京2020公認プログラム)にてスポーツ用義足の展示をしております。
参考URL:https://www.city.minato.tokyo.jp/smartphone/kouhou/event/170207-shashinten.html

荒川区障がい者スポーツフェスティバルに協力致します(2017.1.27)

日時:2017年2月5日(日) 9時30分~16時まで
場所:荒川総合スポーツセンター
荒川区障がい者スポーツフェスティバルにて、スポーツ用義足の体験に協力させていただきます。
※詳細は荒川区役所のホームページをご確認ください。
参考URL:https://www.city.arakawa.tokyo.jp/event/zenevent/sportsfes.html

辻沙絵選手にご訪問いただきました(2017.1.16)

当センターでスポーツ用義手を製作させて頂いている辻沙絵選手(日体大所属)が調整にいらっしゃいました。

※辻選手は、2016年リオデジャネイロ・パラリンピックに出場し、陸上女子400m(切断T47)で銅メダルを獲得。
 2016年日本パラ陸上競技選手権100m・200m・400mで三冠を達成しています。

辻沙絵選手 辻沙絵選手(リオにて撮影:臼井二美男)

チャレスポ!TOKYOに協力しました(2017.1.16)

1月9日(月)東京国際フォーラムで開催された「チャレスポ!TOKYO」(主催:東京都、東京都障害者スポーツ協会)にてスポーツ用義足並びに日常用義足の体験、義肢装具展示を行いました。

2016毎日スポーツ人賞文化賞に受賞されました(2016.12.22)

12月12日(月)に毎日新聞社主催で行われた毎日スポーツ人賞文化賞に当センターの臼井義肢装具研究室長が選ばれました。
※毎日スポーツ人賞とは、スポーツまたはスポーツを背景にした分野で実績を挙げた個人・団体を顕彰する賞です。

スポーツ用義足の体験会を実施しました(2016.12.22)

12月11日(日)、國學院大學渋谷キャンパスにて開催された、NHKハートフォーラム「パラリンピアン大集合!リオの感動を東京へ」に参加協力しました。
体験用義足を使った義足体験会を行いました。

スポーツ用義足の体験会を実施しました(2016.12.22)

12月3日(土)、12月4日(日)の二日間、東京都江東区にある日本科学未来館にて開催された、NHKサイエンススタジアム2016に参加協力しました。
スポーツ用義足の体験会やコンピュータ膝等義足の展示を行いました。

ASEANの方々の訪問を受けました(2016.11.16)

11月10日(木)「第14回ASEAN・日本社会保障ハイレベル会合」で来日されたASEAN10ヶ国、WAPES(世界公共雇用サービス協会)など20数ヶ国の方々のうち、通訳者やガイドを含む、およそ40名の方が当センターを訪問、見学されました。
初めに会議室で当センターの概要をお話した後、リハビリテーション室で里宇診療所長と臼井義肢装具研究室長による説明を、その後会議室に戻り、義足使用者である職員による実体験を交えた説明と歩行デモンストレーションが行われました。
当センター職員が説明した内容は、ASEAN側同行の同時通訳者2名により2カ国語(英語、仏語)訳に変換され、職員の伝えたいことが適切に参加者に伝わり、参加者から多くの質問が出されるなど、限られた時間内ではありましたが、当センターを海外の方に知って頂く、大変良い機会となりました。

出張授業を行いました(2016.11.16)

11月8日(火)東京都障がい者スポーツセンターの紹介で、サンパール荒川(荒川区民会館)にて都立竹台高等学校の生徒を対象に人権教育の出張授業を行ってきました。
当センター職員による会とセンターの歴史や切断障害についての説明、義足職員による体験談と義足やスポーツについてのお話、また、日常用とスポーツ用の体験義足を一部の生徒に体験してもらいました。終了後に控室まで数人の生徒が訪れて、質問や感想をいただきました。
都立竹台高校の皆様ありがとうございました。

中学校で出張授業を行いました(2016.10.21)

10月14日(金)に足立区立千寿桜堤中学校、10月15日(土)に葛飾区立東金町中学校へ出張授業に伺いました。
自身も義足である当センターの職員から、義足になり社会復帰を果たした経過や、義足とは何か、義足であるがゆえのスポーツの楽しさなどをお話しさせて頂き、また、日常用並びにスポーツ用義足体験をしていただきました。
足立区立千寿桜堤中学校、葛飾区立東金町中学校の生徒並びに職員の皆様、ありがとうございました。

自衛消防審査会に参加しました(2016.9.23)

9月14日(水)に開催された「平成28年度 自衛消防審査会」(主催:荒川消防署)に当センターの自衛消防隊が参加しました。
審査の結果、2号消火栓の部において「優秀賞」に選ばれました。

参考URL:http://www.tfd.metro.tokyo.jp/hp-arakawa/pdf/shinsakai.pdf

イベントに協力しています(2016.9.6)

センターでは下記のイベントにスポーツ用義足の展示協力をしています。

イベント名:「スポーツでつながる笑顔-障がい者スポーツの可能性-」

期間:2016年9月26日まで
会場:JICA横浜 横浜プラザ 2Fプラザ 住所:神奈川県横浜市中区新港2-3-1

参考URL:JICA 独立行政法人 国際協力機構
http://www.jica.go.jp/yokohama/event/2016/ku57pq00000favqu.html

イベントに協力しています(2016.8.25)

センターでは下記のイベントにスポーツ用義足貸出で協力しています。

イベント名:「2020年東京オリンピック・パラリンピックがやってくる東京で初開催!秩父宮記念スポーツ博物館巡回展in豊島区」

期間:平成28年8月8日⇒26日
会場:豊島区役所1階としまセンタースクエア
協力内容:佐藤(谷)真海さん、秦由加子さんのスポーツ用義足の展示協力

参考URL
・独立行政法人日本スポーツ振興センターサイト
 (http://www.jpnsport.go.jp/muse/annai/tabid/330/Default.aspx
・豊島区サイト
 (http://www.city.toshima.lg.jp/136/sports/1606241708.html

見学訪問を受けました(2016.8.19)

7月23日(土)に東京都立川市の民生委員26名の方が当センターを訪問、見学されました。

義肢装具の製作現場やリハビリの様子、展示ホールをみていただきました。

リオパラリンピックへ臼井義肢装具士が派遣されます(2016.8.19)

9月7日(水)から9月18日(日)まで開催されるリオパラリンピックに当センターの臼井研究室長が日本パラ陸連からの要請を受けて派遣されます。

あわせて当センター利用者が選手として7名、コーチとして1名、日本代表に選出されています。
既に東京2020パラリンピック大会への道は始まっています。情熱と感動を鉄道弘済会の仲間として共有しましょう!

現時点で判明している参加選手等(サポートセンター関係)は次のとおりです。
(陸上):佐藤 圭太、鈴木 徹、多川 和希、高桑 早生、辻 沙絵、大西 瞳
(トライアスロン):秦 由加子
(車いすバスケットHC):及川 晋平

豊田トヨタ自動車社長と室伏広治氏の訪問を受けました(2016.7.15)

7月7日(木)豊田章男トヨタ自動車社長と室伏広治氏(オリンピアン)の訪問を受けました。

この訪問は、経団連オリンピック・パラリンピック等推進委員会の企画で、義肢装具の製作現場で、スポーツ用義足の第一人者として、パラアスリートを支え続けてきた臼井研究室長や関係者の方々との交流を通じて「パラスポーツのサポートの現場感」、「モノづくりへのこだわり」への理解を深め、経済界としてパラスポーツ応援の輪を広げていくことを主旨として行われました。

前田義肢装具サポートセンター所長、臼井研究室長と当センター利用者でアスリートの鈴木徹選手並びに村上さやか選手でお二人をお迎えして、製作現場からリハビリまで見学して頂きました。その後、屋上でアスリートの走りを見ていただいた後に、お二人に義足体験をしていただきました。最後に研究室でぞれぞれスポーツやものづくりに対する想いを予定時間を超えて語り合いました。

小学校で出張授業を行いました(2016.7.7)

7月5日(火)杉並区立松ノ木小学校の6年生41人を対象に、当センター義足の義肢装具士と理学療法士が出張授業を現地で行いました。
義足を通じて障がい並びに障がい者スポーツへの理解を深めてもらうため断端(だんたん)に触れたり、義足体験をしていただきました。

地元小学校との交流を行いました(2016.6.29)

荒川区立第三瑞光小学校と、障がい並びに障がい者スポーツ及び鉄道弘済会並びに当センターへの理解を深めて頂くための交流を行いました。

3年生は社会見学として当センターを訪問しました。(2016.6.6、7)
4年生は出張授業として、義足の義肢装具士と競争したり、義足の体験を行いました。(2016.6.9)
保護者向けには、公開講座として、義足の職員の体験談や義足体験を行い100名を超える参加をいただきました。(2016.6.11)

多くの子供たちや保護者の方たちに障がい者のことを少しでも知ってもらうことができ、いいふれあいになりました。
荒川区立第三瑞光小学校のみなさま、ありがとうございました。

AJAPS AWARD 2015にて臼井義肢装具士が受賞されました。(2016.6.16)

一般社団法人 日本スポーツプレス協会(以下AJPS)で開催された選考の結果、AJPS AWARD2015に当センターの臼井義肢装具士が選ばれ、受賞されました。詳細は以下のURLよりご覧ください。

※「一般社団法人日本スポーツプレス協会(AJPS)」はフォトグラファーとジャーナリストで構成される団体です。

参考URL:http://www.ajps.jp/ajps-award/

第89回 日本整形外科学会学術総会に当センターで製作した補装具が展示されました(2016.5.31)

「パラ駅伝 in TOKYO 2015」に参加しました

2016年5月12日(木)~5月15日(日)にパシフィコ横浜 ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルにて第89回日本整形外科学会学術総会が行われました。
開催期間中、展示ブースでは実際に体験用義足を装着できる義足体験コーナーやスポーツ用義足の紹介、パネルの展示などを実施しました。

文部科学省庁舎に当センターで製作したスポーツ用義足が展示されています。(2016.2.24)

URL:http://www.jsad.or.jp/news/detail/20160219_000658.html

文部科学省の庁舎入り口に、当センターの臼井義肢装具士が製作し、アスリートが実際に使用していたスポーツ用義足が展示されています。
あわせて、障がい者アスリートの紹介パネルも展示されています。文科省へ来庁された際には、ぜひご覧ください。

荒川区主催 障がい者スポーツフェスティバルのお知らせ(2016.2.9)

荒川区が主催する「荒川区障がい者スポーツフェスティバル」に、当センターが義肢装具の展示協力として参加致します。また、当センター利用者である大西瞳さん・古畑俊男さんのパネルディスカッションも開催される等、多数のイベントが催されます。お時間がございましたら、ぜひお越しください。

開催日時:2月13日(土) 10時~16時
開催場所:荒川総合スポーツセンター(南千住駅徒歩15分)

イベントの詳細は、荒川区の公式ホームページをご覧ください。

「パラ駅伝 in TOKYO 2015」に参加しました(2015.12.20)

「パラ駅伝 in TOKYO 2015」に参加しました

「パラ駅伝 in TOKYO 2015」が11月29日、駒沢公園にて開催されました。
この大会は健常者の方と障がい者の方が1つのチームとなりたすきを繋ぐものです。
当センターで製作した義足をお使いの方、4名にもご参加いただきました。
また、当センターの永橋装具士も参加し、区間2位に入賞致しました!
参加された方、応援して下さった方、ありがとうございました!

「パラ駅伝 in TOKYO 2015」に参加しました 「パラ駅伝 in TOKYO 2015」に参加しました

小学校との交流会を開催しました(2015.12.20)

小学校との交流会を開催しました
小学校との交流会を開催しました
小学校との交流会を開催しました

荒川区立第二峡田小学校にて、障がい者スポーツへの理解を深めて頂くための交流会を行いました。
当センターからは、現役の義足アスリートである義肢装具士と、障がい者スポーツ指導員の義肢装具士の2名が参加しました。またヘルスエンジェルス(切断者スポーツクラブ)の利用者さまも参加し、5年生の生徒50名と交流を深めました。
体験用義足を履いて頂いたり、断端に触れて頂いたり、義足アスリートと競走して頂いたり、多くの体験をして頂きました。荒川区立第二峡田小学校のみなさま、ありがとうございました!

義足のファッションショーのお知らせ(2014.12.03)

当センターの義足ユーザー様15名が参加する「義足のファッションショー」と「障害者アスリートのトークイベント」が開催されます。ハイジャンプの鈴木徹ほか、大西瞳、村上清加、小林久枝、佐藤陽子、須川まきこ、阿部未佳、手塚圭太、高土文子、銭場望美、関田慎次郎、小松茉奈実、藤井美穂、石津あゆみ、山口瑛利花が参加します。このほか、ボイスミュージシャンのAFRA氏、スタイリストの伏見京子氏が協力し、衣装は話題のブランド「シアタープロダクツ」と「プーマジャパン」によるものとなります。(写真提供:越智貴雄)

開催日時:2014年12月7日(日)
     第一部(ショー) 13:30~13:50
     第二部(トーク&交流イベント) 14:00~15:00
開催場所:日本科学未来館1階

イベントの詳細は日本科学未来館ホームページをご覧ください。

義足のファッションショーのお知らせ 義足のファッションショーのお知らせ。
義足のファッションショーのお知らせ 義足のファッションショーのお知らせ。

「ヤマハ発動機スポーツ振興財団スポーツチャレンジ賞」の功労賞を受賞しました。(2014.5.21)

4月22日(火)に、当センターの臼井義肢装具士が、スポーツ振興における功績によって社会の活性化に貢献した人物・団体を表彰する「ヤマハ発動機スポーツ振興財団スポーツチャレンジ賞」の功労賞を受賞しました。

※「ヤマハ発動機スポーツ振興財団スポーツチャレンジ賞」とは
スポーツ振興において多大な実績を残すとともに、その功績によって社会の活性化に貢献した人物・団体を表彰するものです。表彰を通じて、夢・目標に向かって「チャレンジすることの尊さ」を社会に訴求し、チャレンジスピリットの喚起、世界に翔ばたく逞しい新たなチャレンジャーの創出を目的としています。

「ヤマハ発動機スポーツ振興財団スポーツチャレンジ賞」の功労賞を受賞しました。 「ヤマハ発動機スポーツ振興財団スポーツチャレンジ賞」の功労賞を受賞しました。

企画展「The 世界一展」に協力しています。(2014.4.4)

企画展「The 世界一展」関連イベント「夢をかなえるものづくり~パラリンピックと日本の技術」に当センターが協力しています。
クロージング・イベントで行われるトークショーでは、当センター義肢装具士の臼井二美男がゲストとして参加します。ぜひご来場ください。

クロージング・イベント日時:2014年4月6日(日)13:00~15:00(予定)
場所:日本科学未来館

イベントの詳細は日本科学未来館ホームページをご覧ください。

2012年4月2日 ホームページを移転しました(2012.4.2)

ホームページを移転し、内容をリニューアル致しました。

センターが移転しました(2008.5.13)

昭和44年5月より東中野におきまして約38年間義肢装具の製作並びに修理、自立歩行までのリハビリーションを行ってまいりましたが、平成20年5月13日に荒川区南千住の新たな施設へ移転いたしました。
併せて名称を「義肢装具サポートセンター」へ変更いたしました。

移転先住所・電話番号

〒116-0003 東京都荒川区南千住4-3-3
電話 03-5615-3313
FAX 03-3891-3293