教育・保育内容

園長よりごあいさつ

当園は、札幌の中心地「大通公園」の延長線上の東7丁目にあり、地下鉄東西線「バスセンター前駅」10番出口から徒歩5分と交通の便が良く、近くには豊平川が流れ、河川敷公園の自然に恵まれています。
当園は、四季を通じての戸外遊びやお散歩で自然との関わり深め、子どもの育ちに合わせた行事や父母の会との連携を図り、子ども達の自立心を高めるとともに心身の成長に職員全員が関わり支援しています。そして、子どもたちの健やかな成長を育み、強く正しい素直な心を大切にし、一人ひとりの個性が輝く保育を目指しています。

札幌認定こども園 札幌弘済保育園
園長:斎藤 利幸

教育・保育方針

  • 子ども達の最善の利益を考え、たくましく生きる力を育む。
  • 職員の専門性を高め、環境を整え、子ども達の豊かな人間性と健全な心身の発達を目指す。
  • 専門機関と連携を取りながら、保護者を支援し、地域に根ざした子育て支援を行う。

教育・保育目標

  • 「身体の丈夫な子」
  • 「意欲的に遊ぶ、こころ豊かな子」
  • 「思いやりがあり、仲間を大切にする子」
  • 「自分で考え、行動できる子」

当園の特色

  • 豊平川に添う広々とした川原に面しており、近くには公園も多く、恵まれた自然環境にあります。四季を通して、園庭や川原での遊び・散歩など、戸外遊びをふんだんに保育に取り入れています。
  • 家庭的雰囲気を大事にし、また0歳児から年長児まで年齢の異なる子どもたちが日々の保育や行事の場で交流を深める機会を多くもつようにしています。
  • 年間を通して屋内ははだしで過ごしています。また、年長児は保育の中で、和太鼓(伝統文化)に親しんでいます。