『社会福祉研究』総目次 No.50~No.59

発行年月
号数
本体価格
特集テーマ 種別 著者 タイトル
1994年4月
59号
完売

巻頭言 阿部志郎 福祉制度改革-アジェンダとノン・アジェンダの判別
論文 堀勝洋 21世紀に向けた社会保障の総合化・体系化について
論文 栃本一三郎 ソーシャルポリシ-としての家族政策を考える(下)-社会政策ノ-ト-
論文 炭谷茂 齋藤薫 児童虐待の実態と政策-歴史的・国際的比較分析から-
社会福祉改革と地域福祉計画-評価・課題-
高田眞治 市町村福祉行政と地域福祉計画
河合克義 老人保健福祉計画をめぐる課題と計画ずくりの方向
岡部卓 これからの福祉事務所-福祉事務所「改革」の動向と今後の展開-
自治体福祉計画づくりの実際 菊池新一 【岩手・遠野市】福祉で夢あるまちづくり-『遠野ハートフルプラン』
自治体福祉計画づくりの実際 高橋信幸 【東京・三鷹市】その先に、21世紀が見える-『みたか、福祉プラン21』
自治体福祉計画づくりの実際 坂本敬三 【島根・瑞穂市】生きがいとやすらぎの里づくり-『地域保健福祉計画』-
自治体福祉計画づくりの実際 遠山満 【沖縄・浦添市】「人間尊重・自立・平和」のまちづくり-『てだこふくしプラン21』
座談会   特集    社会福祉改革と地域福祉計画-評価・課題- 仲村優一 澤井勝 大山博 (司会)佐藤進 福祉制度改革の評価と残された課題

福祉の窓 編集室 「自立生活」の新しい展開
随想 松井新二郎 私の実践・研究を振り返って(37)無我夢中で歩み続けて50年-失明に思う-
実践報告 川崎文男 知的障害者の就労を援助して30年-「弘済学園アフタ-ケアセンター」の歩み-
投稿論文 大塚庸次 身体障害者更生施設の新たな役割を目指して-社会生活力(SFA)モジュールの導入に向けて-
投稿論文 長谷川眞人 『子どもの意見表明権と施設養護改革』
平成5年社会福祉の回顧と展望 原理論・行財政部門 保田井進 ボーダレス時代の住みわけとパートナーシップ
平成5年社会福祉の回顧と展望 実践・方法論部門 北川清一 「日常知」と「専門知」の融合は可能か
平成5年社会福祉の回顧と展望 現場部門 富田恵子 生活の質の向上と住民参加の福祉社会
海外の動向 市川一宏 ロンドン通信① イギリスにおける民間社会福祉の現状と課題-ボランティアとボランティア団体のミスマッチ
国内の動向 大熊由紀子 21世紀福祉ビジョンの古さと斬新さ
書評 青井和夫 京極高宣監修『現代福祉学レキシコン』
書評 松井二郎 高田真治著『社会福祉混成構造論-社会福祉改革の視座と内発的発展-』
書評 高橋絋士 阿部實著『福祉改革研究』
書評 水田珠枝 杉本貴代栄著『社会福祉とフェミニズム」』
書評 高橋利一 竹中哲夫著『現代児童養護論』
ブックガイド 蛯江紀雄著『「老い」の断章-そして老人ホームは今-』
ブックガイド 畠山民次郎著『俺たちゃ人間ー素描・施設「湘南希望の郷」-』
1993年10月
58号
完売

巻頭言 永田幹夫 家族政策の活性化
講演 阿部志郎 21世紀に向けた社会福祉の構築と展望-福祉グローバル化と日本の役割
論文 三浦文夫 「老人福祉法」30年ー軌跡と課題ー
論文 岡上和雄 精神障害者の現状と課題ー「精神保健法」見直し、何が問題なのかー
現代家族の構造変動と社会福祉の接点-「1994年国連・国際家族年」に向けて-
森岡清美 現代の家族変動をどうとらえるかー直系制家族から夫婦制家族へー
松村祥子 家族問題と家族政策ー1994年国連・国際家族年の課題
庄司洋子 低出生社会の到来ーその影響と福祉的対応

福祉の窓 編集室 「自立生活」と「共生社会」への可能性を探る
シンポジウム 大橋謙策 [基調講演]社会福祉行政の計画化と地域福祉の構築-「市町村福祉」時代を迎えて-
シンポジウム 大友信勝 関川昌子 和田敏明 (司会)大橋謙策 [討論]社会福祉行政の計画化と地域福祉の構築-「市町村福祉」時代を迎えて-
随想 今井鎮雄 私の実践・研究を振り返って(36)体の不自由な友と共に
読者欄 粟谷弘海 スウェーデン車いす一人旅
実践報告 槻谷和夫 地域と共に歩む老人ホームの実践
投稿論文 木原活信 ソーシャルワークにおける「媒介」の意味とその起源-J.アダムスの「掛け橋」」思想をめぐって-
海外の動向 小嶋珠実 精神遅滞者の家族にとっての「住民参加型在宅福祉サービス」
国内の動向 都賀潔子 1993年国際社会福祉協議会アジア・太平洋地域会議を終えて
書評 大熊由紀子 「安心できる老後」を市町村が競う時代に
書評 京極高宣 船曳宏保著『社会福祉学の構想』,古川孝順、庄司洋子、定藤丈弘『社会福祉論』
書評 山手茂 金子勇著『都市高齢社会と地域福祉の展開』
書評 渡部剛士 右田紀久恵著『自治型地域福祉の展開』
書評 山崎美貴子 川名紀美著『親になれない-ルポ・子ども虐待-』,椎名篤子、上出弘之監修『親になるほど難しいことはない』
ブックガイド 佐藤久夫著『障害構造論入門-ハンディキャップ克服のために-』
ブックガイド 『ジュリスト』増刊『高齢社会と在宅ケア』
ブックガイド 全国精神障害者団体連合会準備会・(財)全国精神障害者家族会連合会編、月刊『ぜんかれん』増刊号」『こころの病い-私たち100人の体験-』
ブックガイド 谷中輝雄編(精神衛生実践シリーズ12)『旅だち 障害を友として-精神障害者の生活記録-』
ブックガイド バルブロー・ベック・フリス著、ホルム麻植佳子監訳、山井和則,近澤貴徳訳『スウェーデンのグループホーム物語ーぼけても普通に生きられる』
1993年7月
57号
完売

巻頭言 仲村優一 『プラスイメージの福祉』の基礎固めを
論文 大橋謙策 総合的福祉計画と地域福祉の構築-「市町村福祉」主体を迎えて-
論文 柏女霊峰 児童福祉援助構造の再構築に関する-考察-児童福祉行政における制度と方法の統合私論
論文 城戸喜子 高齢者介護せービスのニーズと費用の将来推計
福祉の窓 編集室 ソーシャルワーカーのアイデンティティーの構築
社会福祉における権利擁護と利用者主体の思想-「福祉の質」が問われる時代-
河野正輝 社会福祉における人権論の課題-イギリスにおける研究動向の紹介-
佐野英司 老人ホーム居住者の人権と居住環境-生活の場としての老人ホームを考える-
津崎哲雄 子どもの意見表明権と施設養護改革
中西正司 当事者主体の福祉サービスの構築-障害者がい地域で暮らす権利と方策~自立生活センターの活動を通して~
座談会 石塚彰 徳木とも子 長谷川重夫 和賀徹 宮崎昭夫 (司会)副島洋明 福祉施設における利用者の権利と施設改革

随想 岡田藤太郎 私の実践・研究を振り返って(35)私の社会福祉学研究を省みる-一般理論の探求-
実践報告 横堀哲夫 施設から」グループホームへー「横堀ホーム」の10年
投稿論文 宇山勝儀 民間社会福祉事業に対する行政監督の態様と効果
投稿論文 小川英彦 「療育」概念の成立に関する研究
海外の動向 橋本正明 スウェーデンにおける痴呆性高齢者ケアの動向
国内の動向 大熊由紀子 聖マリア事件が教えてくれること
投稿 栗村典男 「粟村『司法福祉論』について」の回答に代えて
書評 高橋重宏 社会保障研究所編『リーディングス日本の社会保障 1総論 4社会福祉』
書評 星野信也 社会保障研究所編『福祉国家の政府間関係』
書評 松井二郎 太田義弘著『ソーシャル・ワーク実践とエコシステム』
書評 宇都栄子 草柳大蔵著『灘尾弘吉先生と語る』,長谷川匡俊著『トゥギャザ-ウィズヒム-長谷川良信の生涯-』
ブックガイド  黒川昭登著『スーパービジョンの理論と実際』
ブックガイド 斎藤学著『子どもの愛し方がわからない親たち-児童虐待、何が起こっているか、どうすべきか-』
1993年4月
56号
完売

巻頭言 秋山智久 プロクラスティスの鉄の寝台
論文 岡部卓 変革期における福祉事務所の課題と展望-措置権町村移譲と福祉事務所の「再編」-
論文 林千代 母子福祉の実態と課題-母子寮
福祉の窓 編集室 共生社会の実現を目指して
障害者福祉の新しい展開
久保耕造 障害をもつアメリカ人法の制定と、今後のわが国の障害者問題における課題
岡田武世 障害者の自立生活への道
取材レポート 村山正司小沢香 施設利用者の権利保障と脱施設化の思想-いま施設に求められているもの-
座談会 調一興 山下勝弘 村田稔 樋口恵子 (司会)忍博次 障害者福祉の新しい展開-障害者の自立と共生への視座-

随想 北浦雅子 私の実践・研究を振り返って(34)重症児とともに生きる
実践活動 山下一行 児童福祉施設合同キャンプ40年
投稿論文 石田敦 スーパービジョンにおける権威の問題
投稿論文 伊藤富士江 アメリカにおける家族福祉実践-問題を抱える家族全体を対象にした3つの在宅プログラム-
投稿論文 久田則夫 施設必要悪論からの脱皮ー施設ケアにおけるインフォームド・コンセントの実践を目指して
投稿 山口幸男 粟村「司法福祉論」について
読者欄 福原滋 心強い介護福祉士の誕生
平成4年社会福祉の回顧と展望 原理論・行財政部門 松井二郎 日本型福祉行政の特質
平成4年社会福祉の回顧と展望 実践・方法論部門 岡本民夫 ソーシャルワーク理論の実践活動への具象化と手続き化
平成4年社会福祉の回顧と展望 現場部門 和田敏明 児童福祉と住宅・施設設計、福祉機器等の研究が進展
国内の動向 大熊由紀子 制度審将来像委報告の魅力と不思議
書評 武川正吾 丸尾直美著『スウェーデンの経済と福祉ー現状と福祉国家の将来ー』
書評 谷勝英 佐藤 進著『外国人労働者の福祉と人権』
書評 田端光美 白澤政和著『ケ-スマネジメントの理論と実際-生活を支える援助システム-』
書評 大國美智子 浅野 仁著『高齢者福祉の実証的研究-豊かな高齢期に向けて-』
書評 湯本貞子 在塚礼子著『老人・家族・住まい-やわらかな住宅計画-』
ブックガイド 大熊一夫、大熊由紀子編著『ほんとうの長寿社会をもとめて-市町村からの新しい波-』
ブックガイド ジリアン・ワグナ-著、山縣文治監訳『社会福祉施設のとるべき道-英国・ワグナ-レポ-ト-』
ブックガイド 全国養護問題研究会編『春の歌うたえば-養護施設からの旅立ち-』
ブックガイド 大島 侑、米本秀仁、北川清一編『社会福祉実習-その理解と計画-』
1992年10月
55号
完売

巻頭言 丸尾直美 高齢者福祉サービスのネットワーク
講演 岡澤憲芙 豊かな福社会を築くために-《経済大国の理論》から《生活大国の理論》へ
論文 江口隆裕 措置権の町村移譲と老人保健福祉計画-その史的意義と今後の課題-
論文 定藤丈弘 地域福祉新時代と社会福祉協議会の戦略-「新・社会福祉協議会基本要項」を読む-
福祉の窓 編集室 老人ホームの個室化と高齢者の人権
社会福祉の変革と新しい時代の福祉施設
小笠原祐次 地域福祉の新展開と福祉施設の新たな課題
大澤澄男 新しい時代に対応する福祉施設運営の理念ーリーダーとしての施設長に求められているものー
宮崎昭夫 福祉施設入所者の権利保障-老人ホームを中心に-
渡辺芳男 福祉施設処遇の社会化-処遇を取り巻く諸課題-
講演 木原孝久 新しい福祉施設像の模索-施設運営理念と実践力
シンポジウム 中澤弘幸 長谷川泰造 秋山智久 (司会)木原孝久 地域福祉の新展開と福祉施設の歩むべき道

読者欄 関根真希子 インドを旅して思ったこと
読者欄 佐藤賢次 被保護者100万人割ったけど
随想 本間一夫 私の実践・研究を振り返って(33)チャレンジを続けた50年-日本点字図書館とともに-
投稿論文 清水隆則 筒井のり子 養護問題における「貧困サイクル」
投稿論文 栗村典男 司法福祉論-そこに内在する課題と犯罪・非行(者)福祉について-
海外の動向 岩崎浩三 「ワールド・アセンブリー´92」報告
国内の動向 大熊由紀子 心ない福祉用語に改革が始まった
書評 副田義也 松井二郎著『社会福祉理論の再検討』
書評 小松隆二 古川孝順編『社会福祉供給システムのパラダイム転換』
書評 和田八束 宮島洋著『高齢化時代の社会経済学-家族・企業・政府-』
書評 大島貞夫 尾崎新著『臨床・精神科デイケア論ーデイケアの「ほどよさ」と「大きなお世話」-』
ブックガイド 京極高宣著『日本の福祉士制度-日本ソーシャルワーク史序説-』
ブックガイド 京極高宣編著『福祉マンパワー対策-誰が福祉を担うのか-』
ブックガイド ノーラ・エレン・グロース著、佐藤正信訳『みんなが手話で話した島』
ブックガイド 福祉文化学会監修,草薙威一郎,馬場清編『障害者アクセスブック-海外旅行編-』
ブックガイド 広島修道院・広島乳児院『乳児院と養護施設の相互乗り入れによる処遇向上と効率化をめざした実践研究』
1992年7月
54号
\1,457

巻頭言 佐藤進 介助化社会と介助労働問題の所在
論文 高沢武司 サブ・システムとしての社会福祉と社会福祉の政策目標-「先進国型社会改良モデル」のゆくえ-
論文 窪田暁子 援助専門職におけるバーンナウト(燃えつき症候群)
論文 谷口明広 障害者自立生活の思想-障害をもつ人たちの役割観を中心に-
国際化時代の社会福祉-日本の役割と課題-
谷勝英 国際社会福祉の理念と日本の役割-国際社会変動と福祉問題-
中村尚司 外国人労働者の生活保護適用問題-医療保障をめぐって-
小林毅 民間公益団体による国際協力-社会福祉領域における国際協力活動の課題-
武間謙太郎 国際福祉活動としてのアジア研修交流事業-「アガぺ交換研修プログラム」を通して-
座談会 佐々波秀彦 花崎みさを 中西由紀子 (司会)阿部志郎 国際化時代の日本の社会福祉活動-アジア諸国の福祉問題を中心に-

随想 草野熊吉 私の実践・研究を振り返って(32) 重症児問題にかけた情熱の半生
実践報告 大曽根邦彦 障害児に対する学童保育実践-よりよい発達保障を目指して-
投稿論文 杉本照子 保健医療におけるソーシャルワーカーの資格問題-ソーシャルワーカーの大同団結の時にあたって-
投稿論文 岩間伸之 社会福祉研究とライフコース
投稿論文 大塩まゆみ 育児支援策としての児童手当に関する一考察
海外の動向 本田朋子 香港におけるベトナムボートピープルの援助活動
福祉の窓 編集室 いま、なぜ企業の社会貢献か
書評 田中幹夫 河野正輝著『社会福祉の権利構造』
書評 右田紀久惠 「家族・労働・福祉」刊行委員会編『家族・労働・福祉-桑原洋子教授還暦記念論文集-』
書評 田村和之 橋本宏子著『住民参加と法-アメリカにおける福祉サービスと行政手続き-』
書評 濱野一郎 古川孝順著『児童福祉改革-その方向と課題-』
ブックガイド 八代英太,富安芳和編『ADA(障害をもつアメリカ人法)の衝撃』
ブックガイド 尾藤廣喜、木下秀雄、中川健太郎編著『誰も書かなかった生活保護法』
ブックガイド 小林英義著『愛と哀しみの少年たち-教護院・ある夫婦寮の記録-』
ブックガイド やわら木苑友の会編著『松戸市民が建てた老人福祉施設』
1992年4月
53号
完売

巻頭言 永田幹夫 地域福祉2つの課題
論文 栃本一三郎 ソーシャルポリシ-としての家族政策を考える(上)-社会政策ノ-ト-
論文 真田是 社会体制と社会福祉-第52「副田論文」をめぐって-
地域福祉新時代-社会福祉改革と地域福祉の体制づくり-
高橋紘士 社会福祉改革と地域福祉の課題
小林良二 地方老人保健福祉計画の策定に関する諸課題
大澤隆 市町村における老人福祉行政の新たな展開
渡部剛士 地域福祉の中核として社会福祉協議会が目指すもの
座談会 藤城恒昭 石川清子 清水浩一 (司会)大橋謙策 市町村福祉行政と福祉事務所の再編成

随想 檜前敏彦 私の実践・研究を振り返って(31) 民生行政現場での初期の“専門職”問題
実践報告 小林英義 教護院で生活する少年たち
地域実践研究活動 岡村重夫 「大阪福祉事例研究会」の活動
投稿論文 河東田博 社会福祉政策の基本的視点-スウェ-デンの知的障害者対策から学ぶ-
投稿論文 相田健 ケアワークにおける申請主義と職能主義
平成3年社会福祉の回顧と展望<原理論・行財政部門> 松井二郎 日本型福祉社会の特徴と限界
平成3年社会福祉の回顧と展望<実践・方法論部門> 岡本民夫 独創的研究・実践の展開を期待
平成3年社会福祉の回顧と展望<現場実践部門> 和田敏明 福祉人材確保と老人保健福祉計画、企業の社会貢献活動についての研究が進展
海外の動向 内田節子 「1991年ICSWアジア・太平洋地域会議」報告
国内の動向 大熊由紀子 当事者の時代、参画の時代が始まった
福祉の窓 編集室 ヒュ-マンサービスとソーシャルワーカーの専門性-社会福祉講演会から-
書評 堀勝洋 横山和彦,田多英範編著『日本社会保障の歴史』
書評 菊池幸子 竹崎孜著『生活保障の政治学-スウェ-デン国民の選択-』
書評 古橋エツ子 杉本貴代栄、中田照子,森田明美編著『日米の働く母親たちー子育て最前線レポート』
ブックガイド 遠藤興一著『史料でつづる社会福祉のあゆみ』
ブックガイド 社団法人福祉社会研究所編『ゆとり・実感できる豊かさ』
1991年10月
52号
完売

巻頭言 橋本司郎 ソ連帝国崩壊と社会福祉
論文 副田義也 社会主義の不在と社会福祉の行方
講演記録 山田二三雄 わたしの施設経営哲学-人とかかわることへの情熱と面白さ-
特別寄稿 蒋蔚欣 中国における社会福利(福祉)の現状-中国民政部をめぐる社会福祉政策を中心に-
今日の児童問題と児童憲章40年-高齢化社会のなかで-
古川孝順 社会福祉改革のなかの児童福祉
三浦寛 児童憲章40年の意義と今日の児童問題
柏女霊峰 児童家庭福祉の新たな展開
許斐有 児童福祉における「子どもの権利」再考-子どもの権利条約の視点から-
山縣文治 児童の危機と福祉現場の援助体制-最近の相談傾向から-
座談会 小坂和夫 福島一雄 岩崎浩三 (司会)古澤英子 児童憲章の理念と児童を取り巻く現状-福祉現場の実態を通して-

随想 大橋薫 私の実践・研究を振り返って(30)私の研究を振り返る-社会病理学の構築-
実践報告 三沢直子,奥本幸子 鉄道弘済会福祉相談室における「母と子の心理相談」の実践
地域実践研究 兼間道子 「香川県老人福祉問題研究会」の活動
投稿論文 東京都中野区高齢福祉課福祉指導自主研究会
投稿論文 伊藤淑子 ケースマネジメントを問い直す
海外の動向 植村英晴 「第11回世界ろう者会議」報告
書評 大谷強 大山博、武川正吾編『社会政策と社会行政-新たな社会福祉の理論の展開をめざして-』
書評 山崎美貴子 田辺敦子、富田恵子、萩原康生編著『ひとり親家庭の子どもたち-その実態とソーシャル・サポート・ネットワークを求めて-』
書評 牧野忠康 保健医療ソーシャルワーク研究会編『保健医療ソーシャルワーク・ハンドブック(理論編)(実践編)』
ブックガイド 濱野一郎、小野哲郎編『現代社会福祉の課題』
ブックガイド 古澤英子著『児童福祉を拓く-思想と実践-』
1991年7月
51号
\1,457

巻頭言 仲村優一 日本の社会に根をおろした福祉研究を
論文 井垣章二 20世紀は「児童の世紀」でありうるか-今日とあと10年の課題-
論文 橋本泰子 在宅高齢者のためのケースマネージメント
論文 マリオン・ホーゴ 高橋重宏 トロント大学大学院ソーシャルワーク学部におけるCBEの最近の発展-コンペンテンシー要素・技能・評価表を中心に-
読者欄 鶴田安弘 精神薄弱者処遇の視点
今日の緊急課題:社会福祉の人材確保-問われる福祉の魅力-
谷昌恒 職業として社会福祉を志して
田端光美 社会福祉における人材確保の課題と対策
森本佳樹 福祉マンパワーの確保の現状と学生の就職意識
広瀬清蔵 人材確保と施設管理者の役割-福祉の魅力-黒松内つくし園の実践から-
座談会 漆谷義光 延原正海 大熊由紀子 (司会)小室豊允 人材確保と福祉実践の魅力

随想 潮谷総一郎 私の実践・研究を振り返って(29)社会福祉法人の地域に対するサービス
実践報告 三村一典 「セカンドハウスリゾートキャンプ」報告-養護施設児童の自主性尊重の取り組み-
地域実践研究 冨安芳和 「ヒューマンサービス研究会」の活動
投稿論文 仲田征夫 福祉のシステムを支える「人間の心」の問題についての一考察
投稿論文 亀山幸吉 介護における実践と理論の史的展開と課題
海外の動向 谷勝英 ストリートチルドレンの現状-アジアからの報告-
書評 大熊由紀子 破綻続く「日本型福祉」
書評 石原邦雄 杉岡直人著『農村地域社会と家族の変動』
書評 小林捷哉 古賀昭典編著『現代公的扶助法論』
書評 谷口明広 安積純子、岡原正幸、尾中文哉、立岩真也共著『生の技法-家と施設を出て暮らす障害者の社会学-』
ブックガイド 社会福祉法人東京弘済園、弘済ケアセンター『痴呆性老人のデイケアにおける音楽活動の有効性に関する研究』
ブックガイド ジョナサン・コゾル著、増子光訳『家のない家族』
1991年4月
50号
完売
  巻頭言 阿部志郎 『社会福祉研究』50号の歩みと意義
現代社会福祉の重要課題と将来展望-福祉改革のなかでの新しい出発- 総論 仲村優一 「社会福祉事業法」制定後40年間の社会福祉の展開と現代社会福祉の課題 
原理論 一番ケ瀬康子 社会福祉における“原理論”の展開と課題 
原理論 嶋田啓一郎 社会福祉におけるパラダイム・シフト 
政策・行政 丸尾直美 現時点における福祉国家と福祉社会 
政策・行政 佐藤進 高齢社会と社会福祉行財政
政策・行政 大森彌 福祉最前線に立つ市町村 
政策・行政 中川健太朗 これからの福祉事務所のあり方を考える 
福祉実践 小笠原祐次 社会福祉方法論の1つの検討 
福祉実践 谷口泰史 立木茂雄 家族を中心としたエコロジカル・アプローチの実践 
福祉実践 牧里毎治 地域福祉実践と総合的ネットワーク 
福祉各分野 保田井進 児童数の減少と児童福祉の変化 
福祉各分野 中野敏子 障害者の社会参加と自立 
福祉各分野 石原美智子 ほんとうに安心できる高齢者の介護体制 
福祉各分野 井岡勉 地域福祉時代の社会福祉協議会の課題と実力 
福祉各分野 日浦美智江 施設福祉から地域福祉へのアプローチ 
マンパワー 金子和夫 社会福祉マンパワーの「量」と人材確保
マンパワー 秋山智久 「社会福祉士」制度の影響と展望 
マンパワー 岡本民夫 社会福祉マンパワーの専門教育と生涯研修
座談会 宮田和明 江草安彦 鈴木五郎 (司会)右田紀久惠 戦後社会福祉の軌跡と21世紀への社会福祉展望 
座談会 鮎川英男 阿部實 石黒チイ子 (司会)永田幹夫 現代の焦点:社会福祉マンパワー-人材確保・労働条件・資格-
参考資料   宮田和明 社会福祉政策と研究動向、ほか

実践報告 諸田和夫 精薄施設の処遇向上への試み
随想 中鉢正美 私の実践・研究を振り返って(28)私の研究を振り返って
投稿論文 小沢温,片平彦,木下安子,杉澤秀博,手島陸久 スモン患者の生活変化とその対応に関する研究 
読書欄 平本実 急増する外国人労働者と社会福祉 
読書欄 依田明子 “安心”を基礎に置いた社会を目指して 
地域実践研究活動 大坂純 宮城県ソーシャルワーク研究会の歩み
平成2年社会福祉の回顧と展望  原理・行政策部門 松井二郎
平成2年社会福祉の回顧と展望  実践・方法論部門 岡本民夫
平成2年社会福祉の回顧と展望  現場研究部門 和田敏明
海外の動向 窪田暁子 第25回国際社会福祉教育会議に出席して 
国内の動向 坂巻煕 湾岸戦争で揺れた平成3年度予算案 
書評 河野正輝 佐藤進著『社会保障の法体系(全)』 
大山博 植田政孝ほか奢『高齢化社会への総合政策』 
松崎泰子 阿部實著『チャールズ・ブース研究』 
『社会福祉研究』誌に期待する  副田義也 文明批判と地球規模の視点を
『社会福祉研究』誌に期待する  加藤博臣 社会福祉の羅針盤を目指して
『社会福祉研究』誌に期待する  大曽根寛 生活保護問題に、もっと焦点を
『社会福祉研究』誌に期待する  山本茂夫 福祉改革のリードを
『社会福祉研究』誌に期待する  桜井猛 原点-実践-研究のパイプ役を
『社会福祉研究』誌に期待する  筑前甚七 専門性確立のための企画を期待

社会福祉研究ページに戻る